NEWS

コラム【経営】

離職を防ぎ定着率を上げる人事要素21項目とは?

採用した以上、長く活躍してもらうことが企業にとっても採用された従業員にとっても大切でしょう。

 しかし、現在、コロナ禍によって一時期と比較すると職を変わりやすい売り手市場ではなく買い手市場に変わったとはいえ、自身のキャリアとライフプランを見据え、転職が当たり前となった今、企業が手放したくない優秀な人材は、更にいい環境を求めてどんどん移っていきます。



 
 離職率だけの問題ではなく、ニューノーマル社会で勝ち残っていくためにも、離職につながる要因を見直し、従業員がやりがいをもって働ける会社にしていく必要があります。

 企業は、退職が発生した際に、退職理由を確認し、定着率を高めるために、様々な取り組みを考え実施しますが、本人から引き出せる退職理由は当然のことながら100%のことはなく、全く別の理由であることもあります。

 更に、人事の要素はつながっています。
その中の一つや二つの要因を点で対応しても効果がない場合が多く、様々な要素が積もり積もって退職につながるケースも多いため、全体的な視点かつ本質的な対応を行うことが必要となります。


 8つの人事要素とそれぞれの要素において退職につながる21の要因を紹介します。







 チェックが入る項目が多ければ多いほど、離職者が出る可能性は高まります。これらは、経営者がどう思っているかではなく、従業員がどう思っているかが大切です。まずは、従業員の皆様に確認を取ってみましょう。


組織と従業員の成長を叶える「エンゲージメントサーベイ」サービスは こちら


その他お問い合わせは こちら

一覧へ戻る