REASON

選ばれる3つの理由

なぜ「きづくネットワーク」が選ばれるのか?
その理由をご紹介します

REASON01

目的・本質ありき、
対策はシンプルでわかりやすく

 本質的でない対処療法的な取り組みの効果は一時的なものに留まり、いずれ元に戻ります。また、人間も組織も弱いものです。​​​​​​​新たな取り組みは、一時的には実践できても、継続、定着につながらないことが多々あります。複雑な取り組み、難しい取り組みはなおさらです。
 きづくネットワークは、過去の経験から、そのことをよく理解しています。目的(何ためにやるのか、何につながるのか)と本質を軸に根本的な問題、課題を捉え、複雑なことをシンプルに、難しいことを分かりやすい形に変え、日常の中に落とし込んでいくことを基本としています。

REASON02

プログラム終了後も
効果を継続できる環境構築

 成長し続ける組織を作る、業績を上げ続けるためには、今いる人材と組織の成長のみならず、常に成長を促す文化と仕組みが存在することが必要です。 
 きづくネットワークは、停滞した時に、外部の力を借りるのではなく、自社内で問題課題を洗い出し、適切な対策を取れるようになってほしいと考えています。そこで、「自らが問題を理解し、解決策を導き出し実行につなげていけるようになる」ことを支援するプロセスコンサルテーション方式で、経営課題の解決、文化、仕組み作り、日常で成長のサイクルが回り続ける状態作りをサポートします。

REASON03

パートナー企業との連携による
多面的コンサルティング

 問題・課題の解決提案は、研修会社なら研修を、コンサル会社ならコンサルティングを提案するように、提案元の製品やサービスに結びつけて提案されますが、その場合、本質的な解決にならないこともあります。問題の本質は育成や仕組みでなく採用や評価だったというケースもあります。
 きづくネットワークは、自社サービスや商品の提供に全くこだわっていません。お客様にとって本質的に役立つ支援だけを行うために、多くのパートナー企業と手を組み、常に新たな情報を仕入れ、提供サービスをブラッシュアップし続けています。

お問い合わせ