「スタンスビルディングセット」が生まれた背景

新人・若手誰しもがぶつかる壁から生まれた「スタンスビルディングセット」

 はじめまして。きづくネットワーク武田です。

 社会人として、ビジネスパーソンとしてのスタンスを確認する「スタンスビルディングセット」は研修を目的に開発されたものではなく、原案は私が会社を立ち上げる前からありました。

 私は前職でOJT担当として、リーダーとして、管理職として、特訓機関「虎の穴道場」の指導者として10年以上新入社員・若手社員の指導育成に関わっていましたが、その中であることに気付きました。毎年毎年、相手は変われど同じような事柄に対して同じようなことを伝えているということです。
 それは新入社員・若手社員誰しもが必ずぶつかる普遍的な壁があるということを意味します。

 同じ壁にぶつかるのであれば、それを未然に防ぐことができないということで、「どういうケースがあるか」「何が問題なのか」ということを何枚もメモにして蓄積していきました。それを改めて確認した際に、「ビジネスパーソンであれば根本として身に付けておかなければならない意識・スタンスが欠けている、もしくは理解できていないことによるものである」ということが分かったわけです。

 誰しもがぶつかる壁をできるだけスムーズに乗り越えさせるために、“できる”ビジスパーソンとなり、より早く活躍して頂くために、これらの意識・スタンスを事前に伝えておくべきだと考えたところから「スタンスビルディングセット」は生まれました。
 
 登場する太郎君、花子さんにはモデルがいます。太郎君は一人のモデルというよりは10年の中で何十人も見てきた新人・若手で実際に起きたダメなケースを集約した人物となっています。実際のケースを元にしているので、誰しもが「確かにこういう状況ある。こういう新人いる」と納得頂けるものになっていると認識しています。

 ただ指摘するのではなく、より深い理解を促すために「自分で考える」「考えたことを他者と共有・議論する」というワークとして落とし込んだ「スタンスビルディングセット」を有効にご利用ください。
 
→ スタンスビルディングセット確認