育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

個別育成の仕組み・仕掛け

成長、育成文化を促進する日常での育成制度構築・運用支援

育成は引き継がれます。

過去に丁寧に育成を受けた人は、自分が育成する側に回った時に、自然に育成を行うようになります。

しかし、新人がたまにしか入ってこない、中途採用が中心、などの背景を持つ組織では、育成がなされてこなかったがために、育成を行うという意識そのものが欠如していたり、育成しなければと思ってはいても、どう行えばいいか分からないといったことで、結局、聞かれたことにしか答えない、といった受け身な対応となりがちです。

積極的にコミュニケーションを取れる若い人材が減った現在では、聞くことができない若手が一人思い悩むこととなり、結局退職を招くということにもつながっていきます。

個別育成のための制度を導入することで、育成を行うことが当然という育成文化の醸成、浸透を実現します。

「キャリアデザイン制度」「OJT制度」「メンター制度」「1on1面談制度」など必要な制度を貴社の状況に合わせて導入・運用の支援を行います。

キャリアデザイン制度

成長は、「目指す姿、ありたい状態」と「現在」のギャップを埋めることで為されます。しかし、「目指す姿、ありたい状態」を明確にして、日々の業務に取り組む従業員は少ないのが実態です。それは、そういう意識がないということ、日常の業務に追われてしまう、という二点が要因です。

先々を見据える機会を定期的に設けることで、成長実感を持ちモチベーションにもつながっていくと同時に、組織も各メンバーが望む方向性を把握することができ、配属や成長支援が適切に行えるようになります。

個人と組織がともにWINWINを実現するキャリアデザイン制度の導入・運用を支援します。


OJT制度

実際に配属される現場において、指導担当者が部下や後輩に対し、具体的な仕事を通じて仕事に必要な知識、 考え方、技術、技能、態度などを計画的・継続的に教え、修得させる制度です。指導担当者に、時間や工数・手間がかかりますが、座学研修と比較して、業務に直結した中で指導育成ができるため、 効果があがりやすい制度です。

新入社員に対して、実施を行う企業が多いですが、OJTの目的は何か、OJTとは何か、どういう支援を行うのか、支援計画の作成など、制度を適切に行う上で担当者に伝えておく必要があることは多々あります。

制度の導入から、OJT担当者研修までサポート致します。


         

メンター制度


OJT制度のような直属の部門で実務における指導育成が整っている企業では、異なる部門の組み合わせで「斜めの関係」による育成制度であるメンター制度の導入・運用支援を行います。
  
メンター制度の対象は新入社員に対して設置されることが多いですが、現在は様々な目的のために設定されています。

また、メンターは単なる話を聴く相談役ではありません。業務・実務ではないもっと大きなところでの目指す姿を明確にし、サポートを行うことでメンティに自律性や自信を持たせ、メンティ自身が前向きに仕事生活、社会生活を送る支援を行う役割を担います。
メンター制度を実施することで、メンター、メンティ、組織が平行して成長していくため、会社の経営課題に照らして設定することが可能です。 異なる部門で、実務以外の人間力の支援を行う制度を運用することで、育成文化醸成につながります。

         

1on1面談制度


貴社が実現したい人材像、育成したい対象者、実施目的に応じて3つの1on1面談の導入・運用支援を行います。

■Daily 1on1面談:新人から若手、苦戦しているメンバー向けに2ヶ月限定で毎日実施
■Weekly 1on1面談:対象者不問、PDCA力の向上、人間力の成長を目的に週一回実施
■Quarterly 1on1面談:視点の引き上げ、組織の知見を結集し組織力向上を目的に四半期に一回実施


社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ