1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ育成文化醸成、育成力向上に役立つお勧め書籍

組織・個人の成長を一段上にあげるには、あなたがいなくなるか、成長するかしかない

人材育成、社員研修の考え方 金魚は、入っている器(金魚鉢)以上に大きくならない、という。
これを、会社に置き換えると、金魚はメンバーであり、組織。器はあなたである。

 JAL名誉会長の稲盛和夫氏も、週刊朝日2013年10月25日号のインタビューにて「組織はトップの器以上にならない」と言っている。

 そんなこと言っても、あなたがいなくなると組織が回らない? 部下・後輩が困る? よく聞く話だが、本当にそうだろうか。

 著書がよくドラマ化される池井戸潤氏の「鉄の骨」というビジネス小説に、丁度い い内容が書かれていたので紹介する。


 以下、抜粋

 「サラリーマンはよく、自分がいなければ会社が回らないと思っているからな。お前のは、それと同じ発想だよ。
 それは世間が狭い人間の錯覚に過ぎない。自分の代わりが務まる人間は、実は組織には大勢いる。じゃあ、 なぜ
 彼らが出てこないのか。こたえは簡単。自分がそのポストにいるからだ。いったんそのポストが空いたら、すぐ
 に代わりの、実はもっと優秀な人間が現れる。それは会社でも一般社会でも変わらない。世の中とはそういうも
 んだ。だから回っていくのさ」



  小説の話だが、100%同感である。 上がフタになっているケースを実際にたくさん見てきた。 安心して、異動すればいい。

 では、その時期はいつか? 自分が所属する組織の一番上(実質でもいい)になり、居心地がいい(周囲から認められている、誰からも何も言われない、やりたいことがやれる、 組織上のストレスが全くない)と感じた時、その上で、自分自身の成長が とまっていると感じた時である。

 器(自分)が育たない以上、当然、金魚(メンバー・組織)も成長しない。 景気がいいのに、業績や組織に元気がなく停滞しているとしたら、 あなた自身に要因があるかもしれない。

 組織の規模的に異動が無理ということもあろう。 その場合は、自分自身を成長させるしかない。自分の器を大きくする必要がある。そのための自己研鑽が欠かせない。

 手段は色々ある。 社長のように最終的なTOPである場合は、完全なる外部の人間で、遠慮なく指摘してくれる人を身近に置いたほうがいい。耳障りのいいことを言う人がそばにいても、気持ちは良くても、成長にはつながらないからである。 メンターであったり、顧問であったり、意思をもって探せばいくらでも見つかるはずだ。

 指導育成に携わっている人も同じで ある。 部下、後輩が成長し、一人前になった時、あなたが部下、後輩より更に上をいっているか?ということを意識しておく必要がある。 言葉を変えると、部下や後輩にとって、あなたらから学ぶこと、刺激になることがあるか?ということだ。 (必ずしも実務上の知識やスキルである必要はない。)それが無いなら、指導育成役を別の人に変わらなければ、部下・後輩に失礼だ。それが嫌なら、自分自身を磨き続ける必要がある。

 金魚の話をしたが、水生生物は、死なない限り、どこまでも成長し続けるとも聞く。 あなた(器)が成長を続けるなら、メンバーも組織も成長を続けるわけである。
現状維持で問題無しとするなら別だが、今より更に個人・組織を一段上に 引き上げたいなら、異動や自分磨きは避けて通れない。

 敢えて異動すること、自分を磨くことは、自己の育成(=成長)、仲間の育成(=相互育成)、組織の育成(=組織貢献) につながり、結果的に業績向上、組織力強化につながっていく。

育成文化醸成、育成力向上のヒント 

       

   



【指導育成に関わる際のスタンスブック 無料プレゼント】

 管理職研修、育成者向け研修で、受講者の大きな気付きにつながってきた指導育成に関わるスタンス認識のワークのアウトプット
 を体系化した弊社オリジナルのハンドブックを無料でプレゼントしています。

 ⇒育成者のスタンスブックを無料で取得



育成コラムに戻る

社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ