無料レポート 人材育成を社内で効果的に進める育成の仕組み10選コンサルティング、研修お申込みの流れ

育成文化の言語化・浸透

成長を支援する必要な育成文化を言語化

 様々な取り組みが、よりよいものになるようにブラッシュアップされる続けるためには、組織に所属する従業員全員が、当事者意識を持って行動することが大切です。その上で、文化として確立するには、『臨界質量』を突破する必要があります。

 また、「私たちのリアリティは社会的に構成される、つまり、私たちが現実をどのように捉えているかは、私たちの関わり方やものの見方、語られ方によって形作られる、構成される」という社会構成主義という考え方があります。所属するメンバーによって語られる言葉がグループや組織の風土や文化を形作っていく、ということです。

 目指す組織を実現するために、共通認識が持てる、日常で共有されるための「言語化」が重要な役割を果たします。

 言語化する内容は、自由ですが、自身の成長から組織の成長まで意識して取り組めるように、弊社では「自己の育成(=成長)」「仲間の育成(=相互育成)」「組織の育成(=組織貢献)」の3つの軸を設定し、個人・組織の自律的な成長支援を行っています。

 【育成文化3つの軸】

  1.自己の育成(=成長)の実現

  <行動例>
   ・全従業員が理念、ビジョン、行動指針、価値観、体現する人材像を理解し、行動している
   ・全従業員が成長したいという思いを持ち、自ら機会を作ることで自己成長を実現している
   ・全従業員が高い当事者意識を持ち、自主的、主体的に行動している

  2.仲間の育成(=相互育成)の実現

  <行動例>
   ・全従業員が育成の喜びとし、知識、スキル、ノウハウの共有や相互育成を行っている
   ・全従業員に「ロールモデル」という概念が浸透しており、相互の手本となるべく、仕事に対して高い意識・姿勢で行動している
   ・全従業員が相手の成長ステージに応じた指導育成法に基づいた成長支援が行える

  3.組織の育成(=組織貢献)の実現

  <行動例>
   ・全従業員が、組織の成長に自分がどう寄与できるかという視座を持ち行動している
   ・組織成長のために、慣習や前例を疑い、見直しを図っている
 
 


育成文化診断

育成文化の変化確認と育成に対する意識醸成

 意識、行動、継続には、そのための仕掛け・仕組みが必要です。
設定した育成文化項目に基づく診断と自社、自組織で目指す文化(状態)の設定、毎月の振り返りによって、育成文化の浸透を図ります。

Q10診断

 自己・仲間・組織・環境における項目の中から、10項目に絞った自社が目指す育成文化の状態を点数化するためのチェックシートです。
自社・自組織が目指す育成文化をゼロから言語化するのは手間がかかるため、材料として提供しています。
診断結果から取り組み内容を判断することはもちろん、目指す育成文化に対する意識付けの目的で実施します。

 ■活用ツール:Q10診断シート

         

3視点棚卸

 自己・仲間・組織に対して自身が取り組んだ育成の取り組みや結果に対して、毎月棚卸を実施します。
メンバー間、部門間で共有することで、育成が意義だけでなく効果あることだと認識ができるとともに、他者の取り組みを共有することで、刺激を受け、更なる育成に対する意識付けと育成文化醸成につなげます。

 ■活用ツール:育成3視点棚卸シート


 【実施半年後アンケート抜粋】

 <拠点長コメント>  
  ・会議やミーティングの場におけるメンバーの発言が増えた。
 ・ほめる機会、承認する機会が増えた。

 <メンバー意見>
 ・組織の育成(組織貢献)という観点で考えた時に、色んなことにチャレンジして機会をつくるきっかけになった。
  ・目の前の仕事に取り組んでいただけだったが、何をどのようにして取り組んでいく必要があるのか考えるようになった。
 ・育成を「対自身」、「対仲間」、「対組織」という視点で考えられるようになった。
 ・仲間や組織のために何が出来るのか、ということを常に考えるようになった。



社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ