無料レポート 人材育成を社内で効果的に進める育成の仕組み10選コンサルティング、研修お申込みの流れきづくネットワークセミナー研修コンシェルジュ1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

アドラー心理学勇気づけリーダーシップ研修

「勇気づけ」と「つながり感覚」をリーダーシップに活かし、変革を起こす

 アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラー(1870~1937年)を創始者とする心理学です。欧米ではフロイト、ユングとともに「心理学の3大巨頭」と呼ばれています。また、「自己啓発の父」とも言われ、繋がり感覚を持ちつつ自分の人生を生きるという理念が、ここ数年、日本においてもムーブメントとなっています。

 本研修では、アドラー心理学をベースに、従来のリーダーシップ(影響力発揮)に勇気づけのスパイスを加え、「勇気づけリーダーのスタンス」と「勇気づけリーダーで大切な6つのスキル」を、多くのワークで体感的に習得し、実践に繋げることを目指します。
*「勇気づけ」とは困難を克服する活力を自他に与えることを指します。

アドラー心理学勇気づけリーダーシップ研修概要

            
カテゴリー 育成・指導力向上
研修No 12
研修タイトル アドラー心理学勇気づけリーダーシップ研修
目的 アドラー心理学の中核技術である「勇気づけ」のリーダーシップのスタンス&スキルを学び、生産性と人間性を併せ持つ、勇気ある新ビジネスリーダーを養成し、自己変革と組織変革の契機とします。
対象者 リーダーシップを発揮してほしいメンバー
管理職、若手中堅リーダー層・社員
所要時間 1日(6時間)
受講人数 4名以上、適正24名
カリキュラム概要 ◆オリエンテーション
  研修の狙いとゴール、全体スケジュール
◆勇気づけリーダーのスタンス
  ①アドラー心理学の全体像
  ②勇気づけリーダーシップとは
◆勇気づけリーダーシップで大切な6つのスキル
  ①傾聴:「聴く」ためのチェックリスト
  ②目的:目的に沿った建設的行動
  ③価値観:自他の価値観の尊敬、課題の分離
  ④状況:状況に応じた手を使う
  ⑤個性:個性(ライフスタイル分析とその活用)
  ⑥勇気づけ技法:自他への勇気づけの態度と技術
    「叱る」から「注意する」へ
    「ほめる」から「勇気づける」へ
◆目標設定      
  全体のまとめと振り返り、今後の実践宣言
特長 1.本研修は自己啓発の源流であるアドラー心理学をベースに開発されたコンテンツで、
  従来のリーダーシップに「勇気づけ」のスパイスを加えたユニークでパワフルな機会
  提供となっています。
2.自他を勇気づけること等を、ワーク形式の楽しい体験型学習によって腑に落とすこと
  が出来ます。
3.本研修はアドラー心理学の大家、岩井俊憲氏が代表を務めるヒューマン・ギ ルド社が
  認定した「アドラー・カウンセラー」「ELM 勇気づけトレーナー」「人おこし・組織
  おこしリーダー」の講師がファシリテートします。      
*ELM(エルム)とは、Encouraging Leaders’ Manualの意
効果 1.自分をおこし(自己勇気づけ:内発的動機づけ)、一人ひとりの今後の業務成果、
  人間関係改善、キャリア開発等に活かすことができます。
2.職場メンバー間での夢と自律と相互支援を促し人をおこし(他者勇気づけ)、組織を
  おこし、と波紋を拡げる契機となります。
3.波紋をさらに顧客へと拡げ、さらなる価値創造・貢献が期待できます。
講師 Adlerian & Career Counselor 

専門分野:アドラー心理学を中核とした、キャリア開発、リーダーシップ・セルフマネジメント・モチベーションアップ・勇気づけ・メンタリング・カウンセリング等

【経歴】
1981年味の素株式会社入社。営業部門、マーケティング部門、IT・物流部門と幅広い業務を経験。経産省各種委員を歴任。
2010年より営業部門の人財育成の責任者(部長)として従事。2013年味の素㈱を依願退職。現在、人財育成をライフワークとし、各種研修講師、個別メンタリング・カウンセリング等を展開中。調剤薬局の経営を兼業。ボランティアで某大学体育会でコーチング。

【資格】
◆ヒューマン・ギルド゙社認定 アドラー心理学「アドラー・カウンセラー」
 「ELM勇気づけトレーナー」「人おこし・組織おこしリーダー」
◆国家資格「キャリアコンサルタント」/JCDA認定CDA
◆NPO国際メンターシップ協会認定「チーフ・エグゼクティブメンター」
◆日本支援助言士協会「支援助言士」
研修プログラム一覧

社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ