コンサルティング、研修 料金案内初めてのお客様実践ワーク型新入社員研修 オープンセミナー1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブックガイド付き研修教材育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガきづくネットワーク 資料請求商工会議所セミナー、研修

新入社員研修

目標・ゴールと現状認識をふまえて、納得度を高める新入社員研修

新入社員研修で一般的に行われる内容は、意識改革、ビジネスマナー・ルールの認識、コミュニケーション、チームワークなど、ほぼ決まっています。そのコンテンツを組み立てるにあたり、弊社は、人が成長するための根本である「ありたい姿、目指す状態」と「現状のギャップ」を明確にしながら、必要なことを学べるようなコンテンツを組み立てることを大切にしています。
何故、研修で教わることが必要なのか、それがどのような影響を及ぼすのか、今現時点での自分の実力・スキルはどのレベルなのか、そういったことを感じ取れるように、個人ワーク、グループワークを交えつつ研修を展開していきます。

また、基礎スキルの反復演習から社会人基礎力の引き上げを目的とした数々のワークを通じて、現場に戻って早期に活躍できることを念頭に進めます。

実施日数は、お客様のご要望に合わせて、1日~10日間、合宿型など様々に組み合わせたコンテンツをご提案致します。

企業経営体感研修概要

            
使い方 新入社員研修
所要時間 1日~6日間(実施コンテンツに応じて変動)
分割実施:可 3時間~
目的 意識改革、ビジネスマナー・ルールの認知(習得)、社会人基礎力の理解と課題認識
対象者 内定者・新入社員
カリキュラム概要 ■学生からビジネスパーソンへの意識改革
■現状認識、自己認知
■ビジネスマナー・ルールの認知(習得)
 ・挨拶、名刺交換、電話対応、接遇対応 など
■各種個人ワーク、グループワーク、ケーススタディ など
■目標設定

貴社の要望に応じてカリキュラムを作成します。

 カリキュラムサンプル  5日版     
 カリキュラムサンプル 10日版
特長 ・個人、グループでの考える機会、ワークを通じて、意味や背景を理解した上で、ビジネ
 スパーソンとしての必要な要素・基本を学べます。
効果 ・社会人基礎力に基づいた個人ワーク、グループワークを通じて、ビジネスパーソンとして、今後どういうことが求められるのか、現在の課題と今後何に取り組む必要があるのかが明確になります。
・多くのグループワーク、全体ワークを通じて、新入社員同士の連帯感が強化されます。

研修事例のご紹介

公開講座

【実施日】 2011年、2012年
【業 種】 オープンセミナー
【対 象】 新入社員
【人 数】 9名~16名
【講 師】 武田 義昭

主な研修内容

 最初の段階で、受講者及び講師の第一印象の書き出しからスタートします。日が進むにつれ、受講者同士のコミュニケーションも深まり、互いが互いのことを理解した上で、再度印象の確認・書き出しを行い、共有することによって、第一印象の大切さを理解します。このような形で、ただ知識を入れるのではなく、個人やグループでのワークを通じて、意味や背景を理解してもらいながら、意識、考え方、ビジネスマナー・ルール、スキルを学んでいきました。
挨拶、名刺交換、電話対応は、学んだ後は、朝一で毎日トレーニングを行うことで、できる限り「分かった」を「できる」に変える努力を行います。少しずつ学んでいったことの総合確認として、最後は一つのグループを企業として設定して、顧客役である講師に提案、受注を目指すという取り組みの中で、チームワークや達成感、自分の得手不得手、世の中の理不尽さなどを学んで頂きました。それぞれ、自分が付く職種は異なっていたとしても、企画や営業をやってみることで、会社の成り立ちや他部門の苦労も理解できていきます。最終的には、総合ロールプレイングで自分が到らなかった点をふまえて、現場に出て何を意識して、何に取り組んでいくのか目標設定を行って終了しました。

受講者の声(具体的に参考になった点)

受講者の声(その他感想)


社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ