コンサルティング、研修お申込みの流れきづくネットワークセミナー研修コンシェルジュ1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

管理職登用 要件研修 育成スキル習得研修

貴重な人材を活かすため、会社の未来のため育成スキルは管理職としての必須要件

 VUCAと言われる環境下、そして採用難、転職が当たり前となり、貴重な人材の確保が経営に大きな影響を与える時代になりました。少子化の流れからすると、この傾向は今後ますます強くなると想定できます。更に、若い世代であればある程、自己の成長に対する意欲が非常に高いということが、各調査で明らかになっています。これらの事実は、管理職に、部下や後輩のモチベーションを保ちつつ、より早く期待するパフォーマンスをあげられるように育成する力が求められていることを意味します。

 業績やパフォーマンスを上げることで管理職登用されたものの、育成には興味がない、育成できない、部下や後輩を辞めさせてばかりいる管理職では、会社の未来はありません。
 更に、人は自分の経験を元に考え行動するため、育成の仕方も引き継がれていきます。つまり、放置されて育った人材は放置をする育成者になるということであり、5年10年後含め、永続的に会社に大きな影響を与え続けます。

 弊社では、2011年創業時より育成力向上に関わるコンテンツを数多く提供していますが、管理職登用時の要件として受講頂く内容にカスタマイズした上で、育成に対する考え方、相手の視点に立ったスタンスの理解から、育成指導の原理原則である成長ステージ別指導育成法「状況対応アプローチ(SLⅡ理論)」を身に付けて頂くための研修を提供しています。

管理職登用要件研修 育成スキル習得研修 概要

              
カテゴリー 階層別 / 育成・指導力向上
研修No 22
研修タイトル 管理職登用要件研修 育成スキル習得研修
目的 ・管理職の責務としての育成に対する役割を自覚する
・より早くより適切に成長させるための指導育成方法を理解する
対象者 管理職
所要時間 1日コース (7時間)
半日コース(4時間)
受講人数 4名以上、適正24名
カリキュラム概要
(1日版)

◆何故育成が重要なのか

 ・育成が組織に与えるインパクト
    ケーススタディ(個人ワーク、グループ共有)
 ・育成の属人化が発生する理由

◆育成の根本

 ・育成の目的

 ・成長と育成の体系
◆相手理解(個人ワーク、グループ共有)
 ・自分が入社した時を振り返る
 ・信頼関係構築、動機付け
◆育成の原理原則:成長ステージ別指導育成法「状況対応アプローチ(SLⅡ理論)」
 ・こんな時どう感じる?(ロールプレイング)
 ・状況対応アプローチ理論
 ・シミュレーション:自社メンバーに置き換えて考える(グループワーク、発表)
 ・演習問題(個人ワーク、グループワーク)
 ・補足
◆状況対応アプローチを活用した育成計画作成(個人ワーク、グループ共有)
◆まとめ 

特長 ・ワーク、ロールプレイング等、受講者が考える機会、体感する機会が多い研修であり
 本質的な理解が進みます。
・8年間、ブラッシュアップし続けた研修につき、理論を分かりやすく学べるだけでなく
 日常の現場ですぐに実践できる内容で構成されています。
期待効果 1.育成に関わることの重要性、責任が実感として認識できます。
2.自律した人材をより早く育てることができるようになります。
3.我流の教え方から抜け出すことができるため、人による指導対応方法のバラツキが
  無くなります。
4.部下、成長ステージに応じて必要な対応が理解できることで若手の早期離職防止や
  優秀な人材の退職を防げるようになります。
5.新入社員から中堅といった階層問わず適切な育成ができるようになります。
6.正社員、委託社員、パート・アルバイト社員など雇用形態問わず適切な育成ができる
  ようになります。
7.中途メンバー、プロジェクトメンバーなど一緒に働いた時間の長さに寄ることなく、
  関わる瞬間から適切な育成・指導が行えるようになる
8.社内で育成・指導に関して共通言語ができることにより、上司・部下が異動しても
  適切な指導育成が可能になります。
研修アウトプット ・自社の各部門における成長ステージ別対応法(1日版のみ)
・状況対応アプローチを活用した部下育成計画シート
登用要件確認コンテンツ <ご要望に応じ実施> 
・研修内容に関する確認テスト
・受講者が作成した育成計画シートのチェックス
研修プログラム一覧

社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ