無料レポート 人材育成を社内で効果的に進める育成の仕組み10選コンサルティング、研修お申込みの流れきづくネットワークセミナー研修コンシェルジュ1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

メンターが意欲と自信をもってメンタリングに臨めるようになるメンター研修

斜めの関係であるメンター制度だからこそ、研修が重要

 斜めの関係となるメンターは、直属の上司・先輩ではないため実務に関する指導はできません。そのため、自分の役割は何だろうか、役に立っているのだろうか、今のやり方でいいのだろうかと悩んでいる人が多いのが実態です。

 メンターの役割からどういった意識・姿勢で臨めばいいかの確認、メンター制度で必ず出る悩み、メンター制度・メンタリングがうまくいかない要因と対策を理解した上で、メンターに必要とされるコミュニケーションのトレーニングを行うことで、研修終了時には意欲と自信を持ってメンタリングに臨めるようになります。

 様々な企業での経験を活かし、メンター制度を開始するにあたり、初めてメンターとなる方向けの基礎研修から、既にメンターとしての経験をお持ちの方向けの強化研修まで、貴社の状況やご要望に応じた研修を実施します。

メンター研修(メンター経験無しの方向け)

メンター制度導入時やメンターに初めてなる方に、メンター制度に対して前向きかつ自信をもって取り組んで頂くための研修です。
            
カテゴリー 育成・指導力向上
研修No 6
プログラムタイトル メンター研修(メンター経験無しの方向け)
目的 メンターとして価値発揮を行うために制度の目的や意義、効果の理解、メンターとして活躍するための心構えや役割を認識した上で、信頼関係構築、適切なメンタリングが実施できるためのトレーニングを行う
対象者 メンターに初めてなる方
所要時間 1日(7時間)
受講人数 4名以上、適正24名
カリキュラム概要

◆メンター制度理解

・メンター制度の概要と意義、目的、効果

・メンターの役割 -自分を振り返ることでメンターとしての役割を認識する

 (グループワーク、全体シェア)

◆メンター理解

・メンターの役割

・メンター制度の進め方、メンタリングで必ず出る悩み

・メンター制度・メンタリングがうまくいかない要因と対策

  -効果が出ないケース  

  -起こりがちな失敗事例
◆信頼関係の構築
 -相手理解(動機づけ要因、期待水準と願望水準)
 -受容:意見や価値観を押し付けないことの重要性
 (個人ワーク、グループ共有、全体シェア、解説)

 -メンティの価値観確認 ライフイベントチャート実施(個人ワーク、ペアワーク)

◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「傾聴スキル」
 -非言語コミュニケーションの重要性(表情、姿勢、態度等)
 -傾聴技法(繰り返し、言い換え、感情の反映等)
 -ロールプレイング(ペアワーク)
◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「話すスキル」
 -言葉のかけ方、リフレーミング(個人ワーク)

◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「質問スキル」
 -質問の役割(情報収集、心を開く、考えるトレーニング、成長促進)
 -質問の仕方ポイント
 -質問置き換えワーク(個人ワーク、グループワーク)
 -ロールプレイング(ペアワーク)

特長 ワーク中心で進めることで、頭での理解ではなく芯から理解できます。
期待効果 1.重要な役割ということが認識でき、責任をもって取り組んで頂けるようになります。
2.メンターとして意欲・自信を持って取り組めるようになります。
3.メンタリング以外でも活かすことができるコミュニケーションスキル、信頼関係構築
  能力が身に付きます。

メンター研修(メンター経験有りの方向け)

メンター制度を既に運用している、もしくはメンターの経験が有るものの、人によって取り組みにバラつきがあったり、うまくいっていなかったり、メンターのモチベーションが下がっている場合に実施する研修です。
            
カテゴリー 育成・指導力向上
研修No 7
研修タイトル メンター研修(メンター経験有りの方向け)
目的 メンターとしての役割や意義、うまくいっていない理由と対策を明らかにすることで、メンターであることにプライドを持ち、前向きに取り組めるようにする
対象者 メンターとして活動した経験のある方
所要時間 半日(4時間半)
受講人数 4名以上、適正24名
カリキュラム概要

<1日目>

◆メンターとして困っていることなど疑問確認

◆メンターの存在意義

・メンターの役割 -自分を振り返ることでメンターとしての役割を認識する

 (グループワーク、全体シェア)

◆メンター制度・メンタリングがうまくいかない要因と対策

  -効果が出ないケース  

  -起こりがちな失敗事例

◆メンタリング関係をより良くするためのヒント
タイプ別コミュニケーション ソーシャルスタイル

◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「傾聴スキル」
 -非言語コミュニケーションの重要性(表情、姿勢、態度等)
 -相手の伝えたいことの理解を阻害するもの
 -傾聴技法(繰り返し、言い換え、感情の反映等)
 -ロールプレイング(ペアワーク)
◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「話すスキル」
 -言葉のかけ方、リフレーミング(個人ワーク)
 -認める

◆メンタリング関係をより良くするためのコミュニケーション
・「質問スキル」
 -質問の役割(情報収集、心を開く、考えるトレーニング、成長促進)
 -質問の仕方ポイント
 -質問置き換えワーク(個人ワーク、グループワーク)

特長 ワーク中心で進めることで、頭での理解ではなく芯から理解できます。
期待効果 1.疑問を払拭することで、改めてメンターとして意欲・自信を持って取り組めるように
  なります。
2.相性が合う、合わないを乗り越え適切なメンタリングが実施できるようになります。
3.メンタリング以外でも活かすことができるコミュニケーションスキル、信頼関係構築
  能力が身に付きます。

研修事例のご紹介

麻生セメント株式会社 様

【実施日】 2015/09
【業 種】 製造
【対 象】 メンター
【人 数】 10名

    

主な研修内容

 既にメンターとした活躍されている方が対象であったため心構えや役割など基礎的なことをお伝えするよりも、メンターとして活動している中で抱えている疑問や悩みの払拭とメンタリング関係をより円滑かつ効果のある取組みにするためのコミュニケーション法理解及びトレーニングを中心とした半日コースでした。
 取り組みの中で自分の中で抱えていた悩みや課題が研修という場でクリアになったこともそうですが、同じ役割の担う方々と実際の状況や悩み、取組み状況を共有できたことで、今後メンターとして取り組むにあたって改めて前向きな気持ちになって頂けたようです。

受講者アンケート

1.今回の研修はあなたにとって有意義なものでしたか?

 

2.今回のプログラムでは、プログラム前の考え方や姿勢から新しい「気付き」や「学び」はありましたか?

 

3.今回のプログラムは、今後あなた自身の姿勢や行動に前向きな影響を与えるものになりましたか?

 

4.今回のプログラムで得た学びや経験を、あなたの職場環境で発揮するために具体的な行動はイメージできましたか?

 

5.構成内容や進め方はあなたにとって学びやすいものでしたか?
       
 

6.プログラムの雰囲気やスタイルはあなた自身が、考えたり、発言したり、参加しやすいものでしたか?

 



その他:5、6の設問についてコメントがあれば記入してください。

  • 少人数のワークショップなので発言しやすかった。
  • 自由に発言できる雰囲気の中でリラックスして参加できた。席替えがあってもいいかなと感じた。
  • 内容は十分に理解しやすかった。
  • ロールプレイングなどがあり常に刺激があり良かった。
今回の研修についてのご意見ご感想またはご要望など、自由にご記入ください。
  • 理解しやすい説明でした。ありがとうございました。
  • 思っていた以上に楽しく、ためになったので少しずつ実践していこうと思う。
  • リラックスした雰囲気の中でポジティブに取り組むことができた。聴く力の大切さを学んだ。また、相手の話を正しく理解することの
    重要性も再認識できた。ありがとうございました。
  • 説明がわかりやすかった。
研修プログラム一覧


社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ