無料レポート 人材育成を社内で効果的に進める育成の仕組み10選コンサルティング、研修お申込みの流れきづくネットワークセミナー研修コンシェルジュ1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

女性活躍推進プログラム 

『今後の活躍に対して前向きに取り組むための動機づけ』を徹底的に行うプログラム

 女性の活躍推進というかけ声のもとに、各社が様々な取組を開始し、実際に女性の活躍により生み出された新商品・新サービス、細やかな視点によるマネジメントが大きく組織や会社を活性化させています。
 弊社は女性活躍推進に関わるプログラム及び研修を2012年から、様々な業界の企業で実施してきました。
 2012年にお伝えしていたことは、「女性が活躍することに対する注目・期待が大きくなってきていること。その中で必要とされるのは、①機会(チャンス)②周囲の認識変化・理解 ③女性自身の意思、意志 である」ということでした。
それから数年が経過し、当時からすると、かなり世の中は変わってきたと言えます。①の「機会」については国の推奨、法整備もあって大きく広がってきています。②の「周囲の認識変化・理解」についても、毎年伺っている先の実例を見ても変化を見せ始めています。そんな中で各社でプログラム、研修を実施していて感じることは、実は③が大きな課題となっているということです。研修に参加される方々の中には、「別に管理職を目指していない」「自信がない」「不安」という思いを抱いている方が大半です。

 弊社の女性活躍推進プログラムは、女性自身が「管理職や上を目指す、影響力を大きくすることに興味を持ってもらうこと」「スキルを上げる、前に向かう意思・意志を持ってもらうこと」つまり、『今後前向きに取り組むための動機づけ』を第一目的として構成されています。人は押し付けられたものは時間とともに忘れていきますが、自分自信が興味を持ち、強い動機を持った場合には自ら学び努力を重ねるようになります。そこに至る支援をワークやディスカッションを中心に、様々な気付き、自己認知、内省、自信、動機づけを促すプログラムで実現します。

「研修ではなく2時間のセミナー形式で」など、様々なご要望にお応えいたします。お気軽にお問い合わせください。

女性活躍推進プログラム 疑似体験からの意識改革と実践力強化

            
カテゴリー 組織力向上
研修No 19
研修タイトル 女性活躍推進プログラム 疑似体験からの意識改革と実践力強化
目的 <テーマ>
管理職の立場を疑似体験してみることにより興味関心を持つ
実践してみることで今後何をどこまで磨く必要があるか自分の課題に気付く

1.自己認知と目指す姿の明確化  
2.自身にできることの認知(経営資源への影響)とアクションプラン作成  
3.PDCAサイクルを回す力の向上(実践し、修正する癖づけ) と適切な目標設定
対象者 女性(リーダー、管理職候補)
所要時間 3日(1日7時間×3日間)
受講人数 12名以上、適正20名
プログラム概要 <1日目> 自己認知と目指す姿の明確化  
◆現状確認(個人ワーク、グループ共有、全体共有)
企業経営体感ワークを通じて、自身の考え方や行動の課題を認識  

<2日目> 自身にできることの認知
◆企業経営体感ワークを通じて経営資源の活用による違いの理解、PDCAの効果を理解
◆自組織の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の洗い出し、自分にできる実行策の検討

           ~実践~(3ヵ月~半年)

<3日目> 変化確認と今後に向けた準備
◆実践後の振り返り(グループワーク)
◆スキル向上研修
◆今後の目標設定

※3日目のスキル向上研修は課題に応じて設定
  例)指導育成力、コミュニケーション、チームビルディング など
特長 ・ほぼ全てのコンテンツが個人もしくはグループでのワークを中心に進むため自ら気付く
 ことでの行動変容を促します。  
・実際に自部門で実施できる具体的なアクションにまで落とし込み、実践を行うことで、
 今までとは異なる変化を受講者が実感できます。変化を体験することで、実践・行動継
 続の動機づけが行われます。  
・明日からできることを常にアウトプットとするため、現場、日常においてすぐに活かせ
 る内容で構成されています 。
期待効果 1.自己理解:他者を巻き込むワークの連続で強みと課題が客観的に明確になります。
2.慣習に囚われずに価値を最大化するためのアクションを経営資源の観点から考えられ
  るようになります。  
3.具体的なアクションによる結果(いい・悪いは別にして)を認識することで、主体的
  に行動することの意義を理解します。
その結果、主体的に行動・変革を行えるリーダーシップが身に付きます。
  

受講者の声

女性活躍推進プログラム 人生設計からの意識改革と実践力強化

            
カテゴリー 組織力向上
研修No 20
研修タイトル 女性活躍推進プログラム 人生設計からの意識改革と実践力強化
目的 <テーマ> 自己の人生と現実を見据えることによって働くこと、女性管理職を目指すことに対する意識付を行う

1.長期にわたって全力で取り組むこと(=必要な収入を得ること)の必要性の認識  
2.必要な収入を得るために、今後どうする必要があるかを考えることで会社に貢献する
  意識・活躍する意識、管理職を目指す意欲の醸成  
3.必要な収入を得る(=会社に貢献する・管理職になる)ための意欲・スキル強化
対象者 女性
所要時間 3日(1日7時間×3日間)
受講人数 8名以上、適正20名
カリキュラム概要 <1日目>
◆環境の変化、何のためにはたらくか
◆多様化する人生の選択肢認識
◆人生設計シミュレーション(個人ワーク)
  自分の生涯のライフプランとそれを実現するために必要なお金を明確にする
  ことで、今後のことを真剣に考える機会とする
  
<2日目>
◆立てた人生計画を実現するには
持ち味カードを活用した自己理解(持ち味選択、グループ共有)
◆持ち味カードを活用した会社から求められる要素、具体的行動の洗い出し
 (個人ワーク、グループワーク、全体ワーク)
◆求められることと今とのギャップ認識、目標設定

 ~実践~ (3ヵ月~半年)                        

<3日目>
◆実践で必要と認識した実務スキル・手段向上
◆管理職になることで発生すること(メリット・デメリット)
◆目標設定 

※実践で必要とした実務スキルは、事前アンケートにて確認した内容を実施
 決断力、コミュニケーション、タイムマネジメント等
特長 プログラムの中で「やりがい」のみではないモチベーションの醸成、会社への貢献意識、管理職を目指す意識が 自然に醸成されます。
期待効果 1.人生設計を行うことで先の話ではなく確実に訪れる自分の人生に対して何を行う必要
  があるのかを現実問題として認識することができ、働く動機付けにつながります。  
2.自分が描く人生を実現するために自社で活躍することの意義、活躍するために身に付
  ける必要のあるスキルについて理解でき、管理職を目指す、もしくは影響力を増加さ
  せること、仕事に前向きに取り組む動機付けが行われます。  
3.現場で働く女性が必要としているスキルが明確になります。
研修アウトプット ・ライフプランシミュレーションシート(個人)
・会社や組織で活躍し評価されるために必要な要素(全体)
・必要な要素に対する具体的な行動事例(全体)
  

受講者の声

  

その他の女性活躍推進プログラムについて

貴社のテーマ、目的に応じてご提案致します。

上記プログラムは一例です。
数時間の講演、セミナー形式のものから1日コース、数日コース等テーマ、目的に応じた女性活躍に向けたプログラムをご提案しております
ので、お気軽にお問い合わせください。

女性活躍推進プログラム、女性キャリア開発研修 実績

企 業 対 象 人 数
大手建設会社 女性社員 200名強
大手インフラ会社 リーダー 40名強
大手メーカー 女性社員 30名強
地方銀行 次世代リーダー 15名強
大手家電量販店 係長 20名強
大手スーパー 若手女性社員 30名強
     
    ほか


研修プログラム一覧


社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ