無料レポート 人材育成を社内で効果的に進める育成の仕組み10選コンサルティング、研修お申込みの流れきづくネットワークセミナー研修コンシェルジュ1on1面談ツール3点セット指導育成ハンドブック育成文化醸成、育成力向上のヒント、無料メルマガ

コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入していない企業向け)

役職や職種毎の行動基準の明確化、底上げと高い基準に沿った行動変容を実現!

 コンピテンシー評価制度を導入していない企業向けにコンピテンシーの概念を活用して、役割認識とパフォーマンス・価値発揮につながる行動の洗い出しを行い、現場での確実な行動変容につなげる研修です。
 本研修は同じ役職者同士、同じ職種のメンバー全員で実施します。75枚のコンピテンシーカードを活用し、職責、職種に必要なコンピテンシーを全員で抽出し、具体的な行動まで全員で落とし込む過程で成果の出せる人、出せない人ともに、様々な気付きを得ることができ人材育成のみならず組織強化につながります。
研修で明確になったコンピテンシー・具体的行動をチェックシートに落とし込み、毎月定期的に振り返りを行うことで行動を習慣化し、個人・組織の成長を確実なものにします。

コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入していない企業向け)概要

            
カテゴリー 組織力向上
研修No 14
研修タイトル コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入していない企業向け)
目的 ・自社の役職、職種における役割・責務の理解と浸透
・役職・職種におけるコンピテンシーの明確化及び共通認識醸成
・高いパフォーマンスを出すための具体的行動・ノウハウの共通化
対象者 同じ階層の役職者(管理職、リーダーなど)
同じ職種のメンバー(販売職、営業職、技術職など)
所要時間 1日(7時間)
受講人数 8名以上、適性20名
カリキュラム概要

◆コンピテンシーとは
◆役職・職種に求められるコンピテンシー選択
 (個人ワーク、グループワーク、全体ワーク)
◆コンピテンシーを体現する具体的行動の書き出し(個人ワーク)
◆書き出された具体的行動のチェック(個人ワーク)
◆コンピテンシーの体系化(グループワーク)
◆コンピテンシー毎の体系及び具体的事例発表(全体シェア)

特長 ・講師からのインプットよりもワーク中心で構成されており自分自身もしくは受講者同士
 で気づく機会を多く設けております。
・カードを活用することで負担なく考えを深めていくことができます。
期待効果 1.貴社における役職・職種に求められるコンピテンシーの明確化
2.現場発の基準が明確になるとともにすり合わせる事により共通認識を持つ事ができる
3.行動基準をハイパフォーマーのレベルに底上げ
4.自発的な気付き:様々なワークを通じて、参加者が普段意識している事、いない事や
  出来ている事、出来ていない事、できているメンバーとの違いに自ら気付く。
5.貴社の課題の明確化(4のワークによって出てきた具体的行動の数や内容より)
6.優れた行動の定着、習慣化により組織全体の活性化
研修アウトプット ・階層/職種で発揮するコンピテンシーの体系化
・コンピテンシー行動チェックシート

受講者の声

【研修終了時】 【実践後フォローアップ研修時】

コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入している企業向け)

コンピテンシー評価制度に対する理解深化と評価シミュレーションで実践を促進

 コンピテンシー評価制度を導入している企業向けの研修です。
 評価は非常にむずかしいものです。 評価者、被評価者ともに、同じ事実に対して「できた」と捉える人と「できていない」と捉える人、すなわち甘い、厳しいがあったり、評価者、被評価者間で認識がずれたりといったことが起こります。加えて、コンピテンシー評価制度は、コンピテンシー自体が何をさすのかが分かりづらかったり、評価が結果ではなく行動に対して行うものであるためより難易度が高いと言えます。
 本研修は、コンピテンシーの理解、制度の理解、そして日常及び評価でしっかり運用ができるように、評価で役立つワークを交えながら、理解を深めていきます。
 評価者、被評価者が共通認識を持つことができるように、一緒に受けることを前提とした設計になっていますが、評価者のみ、被評価者のみと分けて実施することも可能です。

コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入している企業向け)

            
カテゴリー 組織力向上
研修No 15
研修タイトル コンピテンシー研修(コンピテンシー評価制度を導入している企業向け)
目的 1.コンピテンシーに対する理解深化
2.コンピテンシー評価制度の意義と目的再確認
3.コンピテンシー評価時の規準の確認、すり合わせ
対象者 同一職種(同じコンピテンシーを活用)の評価者(上司)と被評価者(部下)
※評価者のみ、被評価者のみでも可
所要時間 半日(4時間)
受講人数 8名以上、適性24名、最大60名
カリキュラム概要 ◆オリエンテーション
◆現状確認(個人ワーク)
 ・コンピテンシー毎の行動書き出し、整理、評価
◆コンピテンシー再認識
 ・コンピテンシーとは
 ・コンピテンシー制度の目的、メリット
◆コンピテンシー評価制度の運用課題
 ①意識しているが行動にうつしきれていない
 ②行動に移せているが高いレベルの行動ができていない
 ③評価者と被評価者の認識にズレがある
◆コンピテンシー評価における注意事項
 ・コンピテンシー評価時の注意事項
 ・納得感ある評価を行うには
◆シミュレーション(グループワーク)
 ・コンピテンシー毎に洗い出された行動のランク分け
 ・ランクを上げるにはどうすればいいか検討
特長 コンピテンシー毎の具体的行動の書き出し、共有、評価、議論を行う中で、他者の行動や意見を自然に共有することができるため、自分の不足点、今後のアクションについて、自ら気付くことができる内容となっています。
期待効果 1.コンピテンシーの理解、コンピテンシー評価制度の目的・メリット・ポイント、注意
  点を把握することで、取組みに対する本気度が増します。
2.他者のコンピテンシー行動や取組みをその場で確認できることにより刺激を受けると
  ともに、いい事例を目にすることで底上げにつながります。
3.同じ行動でも評価にズレが発生することが研修中に確認できることで、目標設定時の
  合意、日常のコミュニケーション、評価時の準備の大切さを理解できます。
4.個人及び組織の得手・不得手なコンピテンシーが明確になります。
研修プログラム一覧

社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ