指導育成ハンドブック

育成ツール 指導育成ハンドブック

困った時の即確認で、育成する側とされる側双方の成長を実現


気になることがあっても、放置すると、すぐ忘れてしまいますが、育成も同様です。放置した結果、同じことでまた悩むことに。困った時、悩んだ時にすぐに解決することが大切です。

指導育成ハンドブックには、育成にあたる際の意識・スタンス、日々の指導育成における具体的なコミュニケ―ションの取り方(傾聴、話す・伝える、質問など)、指導育成上で発生する困ったケースの対応法を、具体的な事例を交えて分かりやすく解説しています。

指導育成ハンドブック概要


 

 
 【指導育成ハンドブック目次】

  第1章.人材育成に対する考え方
   第1節.人材育成の影響・重要度    
    1-1.人材育成が経営に与えるインパクト   
   第2節.人材育成の考え方    
    2-1.人の成長に必要な要素とサポートの根本    
    2-2.育成行動の原則(目標設定、合意、事実確認、フォロー)    
    2-3.適切なフォローアップとは   
   第3節.信頼関係構築の重要性    
   3-1.違いを受け入れる姿勢    
   3-2.部下が上司を信頼する理由(実際の声)  
  
  第2章.人材育成のコミュニケーション
   第1節.個人に合わせた対応   
   第2節.人材育成に関わるコミュニケーションスキル    
    2-1.ティーチングとコーチング    
    2-2.動機付け    
    2-3.傾聴力    
    2-4.話す・伝える力    
    2-5.質問力    
    2-6.承認・ほめ方    
    2-7.叱り方  

  第3章.背景、状況に応じた指導のポイント
   第1節.背景の異なる部下への対応    
    1-1.若年層の部下への対応    
    1-2.年上の部下への対応    
    1-3.自分より知識やスキル、経験が豊富な部下への対応   
   第2節.取り組み姿勢・状況に応じた部下への対応    
    2-1.基本的な行動が身に付いていない部下への対応    
    2-2.指導しても変化がない、成長しない部下への対応    
    2-3.仕事を抱え込む部下への対応    
    2-4.慎重で業務遂行に時間がかかる部下への対応    
    2-5.言われたことしかやらない、向上心が見られない部下への
       対応    
    2-6.行動力はあるが独断専行してしまう部下への対応    
    2-7.自己主張が強く、他人の意見を受け入れない部下への対応    
    2-8.新しいことに抵抗する部下への対応    
    2-9.報・連・相ができない、自発的な姿勢がない部下への対応    
    2-10.失敗をしてやる気や自信を失っている部下への対応    
    2-11.能力はあるが、業務・責任の拡大や上に上がることを
        望まない部下への対応    
    2-12.次期リーダーに推薦したい部下への対応

  
  指導育成ハンドブックサンプル確認
   




【ここがポイント!】

★事例満載で実際の活用イメージが湧くため、現場で使える

考え方や理論に加えて、著者の実体験や指導育成力向上研修での受講者から出てき実際の声など現場発の具体
事例をふんだんに盛り込んでおり、リアリティを持って実施できる内容となっています。
更に、研修でよく相談を受ける個別シチュエーション毎の対応方法を記載しています。


★様々な活用法で個人、組織の底上げ、育成文化醸成につながる

活用法を工夫することで個人のみならず、組織全体の育成意識とスキルの底上げ、育成文化醸成につながります。
共有することで、それぞれの指導のいい取り組みが形式知、スキルとしてノウハウに変わります。
ワードデータでお届けするため、適宜カスタマイズ、ブラッシュアップが可能です。


<活用例>
目的 対象者 活用法 実施事例
 1  指導育成者
 ・管理職
 ・OJT担当
  ほか
<ハンドブックとして>
 予備知識として事前確認に
 困った時の対応確認に
・対象者に個別配布、各自確認
・読んでみての自己課題レポート提出
 2  指導育成者
 ・管理職
 ・OJT担当
  ほか
<社内研修のコンテンツとして>
 テーマを設定して議論、自社でよくある
 実例、対応策に落とし込む
・検討後、振り返り 例)信頼されるにはどうすればいいか?
 議論後、「部下が上司を信頼する理由(実際の声)」を確認し、
 自己を振り返る
・検討後、振り返り 例)部下のモチベーションを上げるには?
 議論後、「動機づけ」を確認し、自己を振り返る
・コミュニケーションスキル(傾聴、話す、質問など)について、
 自己の振り返り、自社へのカスタマイズを議論
・背景・状況に応じた指導ポイントのケースを一つずつ取り上げ
 自社へのカスタマイズを議論
 3  部・課メンバー
 管理職、メンバー
 合同で実施
<チームビルディングツールとして>
 テーマを設定して部・課全体で読み合わせ
 共通認識醸成、普段言えないことをワーク
 の力を借りて相互共有
・「部下が上司を信頼する理由(実際の声)」を共有し、部・課
 あるあるを共有、今後のアクション決定
・背景・状況に応じた指導ポイントのケースを一つずつ取り上げ 
 部・課あるあるを共有、今後のアクション決定



【期待効果】

★離職防止につながる

育成側に悪気が無かったとしても、傾聴の姿勢ができていなかったり、指示の仕方が適切でなかったりすることで、
不信感が生まれ、それが続くことで離職につながることもあります。相手視点を持つこと、基礎となるスキルを確
認することで、適切な信頼関係を構築することが、無用な離職防止につながります。


★指導育成者のモチベーション向上

人は知らないことはできません。指導、育成に関わる人材も、教え方・育て方が分からないまま、育成がうまくい
かない、と日々不安やストレスを抱えながら取り組んでいます。ハンドブックで指導育成の考え方やスキル、ケー
ス毎の対応を確認することで、自信を持つことができ、育成に前向きに取り組むことができるようになります。
 

★自立人材の早期育成が可能に

日常の事案に対する「指導」から先を見据えた「育成」に視点が変わるため、早期自立人材の育成につながります。
育成の意識は高かったけど、具体的には何もできていなかったという育成者が具体的な指導、育成に取り組むこと
で、部下や後輩の早期成長につながります。


指導育成ハンドブック 料金


  
CD-Rでのお届け:14,800円 (消費税別) + 送料 350円 
    
  
※振込手数料はお客様負担とさせて頂いております。
 

購入の流れ

1.【貴社→弊社】電話もしくはメールにて見積依頼 
2.【弊社→貴社】御見積書送付(データ送付です。原本が必要な場合は、郵送しますのでお知らせください。)
3.【貴社→弊社】見積内容の確認の上、発注
4.【弊社→貴社】請求書送付(データ送付です。原本が必要な場合は、郵送しますのでお知らせください。)
5.【貴社】入金
6.【弊社】入金を確認次第、発送(データ)


お問い合わせ・見積依頼


 必要事項をご記入の上、「メールを送信する」ボタンを押して送信してください。入力した情報はSSL暗号化通信によって
 安全に送信されます。  

 ※3営業日経過して、弊社から連絡がない場合はメールが届いていない可能性があるため電話にてお問い合わせください。
 ※弊社の個人情報に関する取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。
 ※登録情報はお問い合わせ事項への回答及び弊社からの情報のお届けに活用し、その他の目的には利用致しません。

お問い合わせ・見積依頼*
社名*
氏名*
電話番号*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
*は必須項目です。

特定商取引に関する法律に基づく表記

 販売業者  株式会社きづくネットワーク
 販売責任者  代表取締役 武田義昭
 住所  福岡県福岡市中央区天神4-1-18 第1サンビル5F
 電話番号  092-738-5056
 FAX番号  092-738-5057
 メールアドレス  info@kiduku-network.com
 URL  https://kiduku-network.com
 商品以外の必要代金  銀行振込手数料
 注文方法  メール、電話にて
 支払方法  銀行振込
 支払期限  先払い
 引き渡し時期  お振込み確認後、メールにて送付致します。
 返品・交換について  落丁・乱丁・品違い等があった場合は、お取り替えの手続きについてご説明させていだきますので、
 お手数ですが電話か問い合わせフォームにて事前のご連絡をお願いいたします。