SEMINAR

研修・ワークショップ

標準成長&育成カレンダー作成ワークショップ 

新入社員や中途社員の標準的な成長イメージの視覚化とそれを実現する育成スケジュールを1枚にまとめたカレンダーを作成するワークショップです。

どこの組織にも共通する「育成する側の多忙による対応不足」、「放置されることによる新人、中途社員のモチベーションの低下」を防ぎ、離職防止や早期戦力化につなげるツールとなります。

<標準成長&育成カレンダー作成ワークショップとは>



ホワイトボードと付箋を活用しながら、入社後の標準成長段階、それを実現するための指導育成を1枚にまとめたカレンダーを作成するワークショップです。受講者それぞれが行っている指導育成の内容やタイミングを棚卸し、全員で確認、調整することで、一つの標準的な型を作り上げます。

一度作成されたカレンダーを毎年、見直し、ブラッシュアップを行うことで、時代や環境の変化に合わせて、常に最適な成長、育成を実現できるようになります。また、出来上がったカレンダーは、人が入れ替わっても活用できるため、属人化を防ぐことにもつながり、組織育成力向上において貢献度及び費用対効果の高いワークショップです。


実施方法

集合型、もしくはオンライン実施

目的

1.新入社員・中途社員の離職防止 / 早期戦力化

2.育成の属人化防止

内容

1.業務棚卸(個人ワーク) 

・過去に実施していた業務、現在実施している業務内容について洗い出し

2.業務内容とりまとめ(グループワーク / 全体ワーク)

・個人で洗い出された業務をグループ、全体ですり合わせ  

3.標準成長&育成カレンダー作成(グループワーク / 全体ワーク)

・グループもしくは全員で育成カレンダーを作成 

実施時間

2、3時間(人数に応じて変動) 

受講人数

4名~16名  

対象者

管理職、育成に関わる人材、もしくは、同じ職務に関わる2年目、中途入社社員

特徴

・ホワイトボードと付箋を活用することで、全員が参加でき、楽しみながら大きな結果を得ることが出来ます。

・ワークショップ実施自体が気付きの機会につながりますが、アウトプットされるカレンダーは永続的に役に立ち続けます。

期待効果

<ワーク実施中>

1.自身の業務整理、部門の業務平準化につながります。

2.育成に対する意識が醸成されます。

 
<カレンダー完成後>

1.育成の属人化防止・成長度の進捗確認による早期成長     

成長イメージと育成内容が視覚化されているため、誰につくかによって部下の成長スピードが異なる『育成の属人化』を防止することができます。定期的にカレンダーと現実の成長スピードを照らし合わせることで、育成する側・される側双方の意識が高まるだけでなく、標準より遅れていることが明確であれば、すぐにサポートすることで取り残されることが無くなります。

2.新入社員の安心感の醸成、モチベーションの向上

新人のフォローアップ研修でよくあがる声が「成長イメージが見えない」、「毎日同じようなことばかりやっているがこれでいいのか不安」という内容です。カレンダーで入社後の成長イメージとサポート内容を確認できることで、日々行っていることが意味のある取り組みだと納得できます。また、早く成長したいと前向きに業務に取り組めるようになります。 

3.中途入社社員の納得感と早期戦力化     

中途入社社員の育成で問題になることは二つです。一つ目は、「経験あるからできるだろう」と放置されること、二つ目は、「自分はできるから任せてくれ」と指導を受けつけないケースです。いずれも、入社後、成長カレンダーを共に確認することで、どの支援が必要で不必要なのか共通認識をもってコミュニケーションができるようになり信頼関係構築、成長スピードの促進につながります。

お問い合わせ/お申込み

お問い合わせ/各種お申込みは、下記フォームに必要事項をご記入・ご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。
内容を確認の上、担当者より連絡いたします。
​​​​​​​
※送信後3営業日経過しても連絡がない場合は、届いていない可能性がありますので電話にて連絡をお願いいたします。

必須

必須

必須

必須

必須

必須

必須

個人情報保護方針」を確認の上で、「送信する」ボタンを押してください。
※確認ページの表示はありません

一覧へ戻る