SEMINAR

研修・ワークショップ

巻き込み力強化研修

コミュニケーションには、非言語コミュニケーションと呼ばれる表情や動作、立ち居振る舞いや傾聴する、共感する、話す、伝える多々ありますが、それぞれ何らかの目的があります。
 
ビジネスにおけるコミュニケーション、特に伝えるということについては、「伝えた後、相手に何らかアクションしてもらう」ということが大きな目的ですが、なかなかうまくいかないという実感をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 

更に、VUCA時代、働くことへの価値観や雇用形態の多様化、競争激化、コロナにおけるビジネスモデルの変容において、自社人材、組織の力を最大限に発揮すること、更には、自分の周囲はもちろん、他部門、他社、協力パートナー、お客様含め、様々な対象を巻き込む力の必要性は高まる一方です。

本研修は、目的達成に近づけるためのコミュニケーション、巻き込み方を豊富な事例やロールプレイングを通して習得する研修です。




言葉が人に与える影響、そうなる背景、そして相手を動かす、巻き込むコミュニケーションの具体的手法を学び、自部門、自身への落とし込みワークを通じて、翌日からアクションに移す準備まで行います。


【巻き込み力強化研修】

※ご要望に応じて、管理職研修やコミュニケーション研修などその他のカリキュラムと組み合わせて実施が可能です。

実施方法

集合型もしくはオンライン実施
※ロールプレイングがあるため、集合型が望ましい

目的

人を動かす、巻き込むための意識ポイント、具体的な手法を確認する
得た知識を実践で試せる、できるに近づけるトレーニング

内容

1.人を動かす伝え方

・伝え方の影響力
・影響が出る背景:EQ、プライミング効果
・効果的な伝え方の手法紹介
 肯定表現、リフレーミング、ゴールデンサークル理論(個人ワーク、共有)
・実践準備(個人ワーク、グループ共有)

2.相手を巻き込むためのコミュニケーションポイント

・コミュニケーション体験
 イス争いワークもしくは交渉ロールプレイング実施
(個人振り返り、グループ共有)
・巻き込むためのポイント理解
 ①利害関係が一致している相手を巻き込むポイント
 ②利害関係が相反する相手を巻き込むステップ
 ③当事者意識を持たせる方法
 ④シミュレーション
・実践準備(個人ワーク、グループ共有)

実施時間

3時間 

受講人数

12名~18名

対象者

不問

特徴

何故相手が動いてくれないのか背景から理解した上で、必要なポイントと具体的手法を学ぶため、納得度が高く、行動変容につながります。
それぞれ落とし込みワークを実施することで、理解で終わらず実践につなげます。

期待効果

・目的を持った発信、行動に変わります。
・自己の目的を押し付けるのではなく、相手のことをふまえた発信、行動ができるようになります。
・リーダーシップの発揮につながります。

受講者アンケート

・部下への接し方を考えようと思いました。
・早速明日から社内コミュニケーションで取り入れたいと思います。
・ロープレをもっとしたかった。言い換え等は実践したい。
・相手によって伝え方を変えることで行動に移してもらえるかもしれないことがわかりました。自分とは合わないからコミュニケーションしないのではなく、相手に伝わるように言葉を選ぶということも大切だと思いました。
・また研修を受けたいと思いましたし、他の人もつれて一緒に受けたい。色々な人に聞かせたいと思った。
・仕事を進める上で、職場のコミュニケーションに役立てていきたいと思います。
・本日のテーマ・研修の内容がどんなシーンでも活用できる内容でとても興味深かった。
・人に頼むとき「肯定文」でお願いすると相手もやる気を出してくれることが分かり、早速業務に活かしたいと思った。また今後、人の感情も考えて言葉を使っていく。
・人との受け方答え方について凄く参考になった。業務の中でもクレーム対応があるので今回の研修を活かしていきたいと思います。
・「言葉の力」プラスの力に働く(自他共に)言い方に変えることで、自分の感情をコントロールしたり相手の捉え方に影響が出ることに気づいた。

お問い合わせ/お申込み

お問い合わせ/お申込みは、下記フォームに必要事項をご記入・ご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。
内容を確認の上、担当者より連絡いたします。
​​​​​​​
※送信後3営業日経過しても連絡がない場合は、届いていない可能性がありますので電話にて連絡をお願いいたします。

必須

必須

必須

必須

必須

必須

個人情報保護方針」を確認の上で、「送信する」ボタンを押してください。
※確認ページの表示はありません

一覧へ戻る