初めてのお客様へのご案内研修定着支援個別成長支援よくあるご質問に対する回答資料請求持ち味カード、ビジネスマナーカード

ハラスメント防止対策研修

「知識」と「実例」で意識変革と行動変容を起こす

 2015年5月に厚生労働省から職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取り組みを推進するため、企業の中でパワーハラスメント対策に取り組む際の参考になるよう「パワーハラスメント対策導入マニュアル」が公開されました。
 今やハラスメント対策を行うことは、事業者の義務です。対策を怠ると「生産性の低下」や「離職率の増加」など企業にとっては大きなダメージに つながる恐れもあります。 最悪の場合、会社名が公表され社会的信用が失墜してしまったり、法的責任を負うことになってしまったり、結果採用したくてもできなくなるなど、今や企業のリスクマネジメントの一環として欠かせない問題になって います。

ハラスメント防止対策研修概要

            
使い方 管理職研修など階層別研修の一環として、ハラスメント対策研修として
所要時間 3時間
分割実施:不可
目的 従業員全員が互いに尊重し合い、パワーハラスメントを起こさせないよりよい・働きやすい職場をつくる
対象者 管理職、育成に関わる従業員
時間 3時間コース
カリキュラム概要 1.ハラスメントとは
2.パワーハラスメントについて知る
3.ハラスメントは社会的な問題となっている
4.何故、ハラスメントが問題なのか
5.パワハラ裁判事件から学ぶ
6.適切な対応法とは
7.ハラスメントの予防・解決のために
特長 講師がコンサルティング、カウンセリングに入ってきた様々な企業での実例を頻繁に紹介しながら実施するため、知識インプットではなく自身・自社に置き換えて現場で行う具体的行動の変容につながります。
効果 1.ハラスメントに対する知識が身に付くことで、マネジメント・指導育成に対してハラ
  スメントに関わる不安が払拭されます。
2.ハラスメントが加害者・被害者・会社に及ぼすインパクトについて理解することで意
  識が変わります。
3.具体的な実例をたくさん認識することで、意識改革のみならず、職場での行動変容に
  つながります。
講師 川原 和代

企業、病院、自衛隊などでメンタルヘルス対策に関する研修、顧問を実施。メンタル不調者へのケアだけにとどまらず、脳科学に即した技法や心理療法を用いて「集中力やモチベーションを上げて仕事のパフォーマンスを上げたい」方へのサポートも行っている。

【資格】 
メンタルヘルスマネジメント2種・3種(大阪商工会議所)  
ヘルスカウンセリング ベーシックコース、アドバンスコース修了  
心理支援士1級  プロフェッショナルカウンセラー 上級資格取得(全国心理連合会)  
産業カウンセラー資格取得(社団法人 日本産業カウンセラー協会 会員)  
NLPマスター認定資格取得(日本NLP学院)  
NPO法人 日本交流分析協会 交流分析士2級講座修了  
ゲシュタルト療法トレーニングコース修了

受講者の声


  指導育成研修、メンター制度支援のきづくネットワーク研修実績を見る

社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ