組織育成力無料診断採用ツール、研修ツールの持ち味カード、ビジネスマナーカードリクエスト型オープンセミナー指導育成力向上リクエスト型オープンセミナー企業経営体感ワーク合宿研修丸ごとパック育成の考え方から育成スキル、ケース対応まで網羅した人材育成ハンドブック指導育成、研修に役立つ情報、ツールが満載よくあるご質問に対する回答資料請求

「場力」向上研修

組織の風土が、社員の意欲が一気に変わる!

「コミュニケーションの活発化」「組織行動のスピードアップ」「信頼関係の向上」「一体感の醸成」 「自分の役割・責務を認識」「共通認識・共通言語の醸成」がこの研修で実現、質の高い組織に生まれ変わります。「場力」が変われば、新たに入社してくる人は、高い質の空気が当たり前として働くため、組織は発展し続けます。

部門全体を底上げする研修

組織の「場力」を浮き彫りにし、向上させていくことにより組織全体の成長につなげます。

研修の有無にかかわらず、人の成長、組織の成長につながる要素があります。それは「場力」です。「場力」とは組織に存在する雰囲気や圧力のことで、構成メンバーに大きな影響を与えています。もちろんいい方向に影響を与える「場力」になっていれば、人材も組織も成長しますが、悪い方向に影響を与える「場力」になっていると、人材も組織も悪い方向に向かうという事になります。
「場力」向上研修は、「場力」の存在を頭で、体で理解し、どのようにすれば「場力」を向上させることができるのを考え、実際の現場で活用できるところまで落とし込みを行います。個人が成長するだけではなく、組織を成長させるための研修です。
            
使い方 管理職研修など階層別研修の一環として
チームビルディング研修、コミュニケーション研修
所要時間 1回4時間×3日
分割実施:不可
目的 ・自己の強みやクセ、特徴の認識  
・個人視点から組織視点への視点の拡大  
・組織行動のスピード向上
対象者 部門メンバー全員
カリキュラム概要 1日目:「場力」の存在理解、自部門の「場力」確認、目標設定
2日目:自分の存在意義と役割認識、会社・自部門で重要な要素の共通認識、共通言語、
    行動指標の構築
3日目:組織規範改革:会社や自部門に存在する組織規範の認識と具体的改善行動の決定
特長 ・ゲームやワーク中心のコンテンツであり、社員同士が必然的に深いコミュニケーション
 を取る機会となります。  
・後追いの仕組みと2回目・3回目実施の際に事前アンケートによる振り返りを行うことか
 ら、研修が研修で終わらず行動変容が促進されます。
・自分視点ではなく相手視点・組織視点にたって考え行動するという意識付けがなされま
 す自分視点ではなく相手視点にたって考え行動するという意識付けがなされます。
効果 <1日目>  
1.「組織」という意識、「組織」において自分が及ぼすことのできる影響力について考
  えるきっかけとなります。
2.チームでのワーク及びコミュニケーションにおいて必要なことが学べると同時に、自
  分がどのような発言・行動を取るのか傾向・特徴を認識し、必要な要素と照らし合わ
  せることで今後の課題設定につながります。また、一人ではできないチーム力の強さ
  を理解します。  

<2日目>
1.役割を考え、共有することで会社・部門での共通認識・共通言語ができるため、連帯
  感が生まれることで研修後のコミュニケーションも円滑になります。  
2.良い行動事例が共有されることで、部門メンバー全体の行動が底上げされます。

<3日目>  
1.組織行動がより円滑になり、組織行動の生産性・スピードが向上するとともに、個々
  が感じている疑問や不満の払拭により信頼関係が高まります

研修事例のご紹介

博多メディカル専門学校 様

【実施日】 2015/03、08、12
【業 種】 教育
【対 象】 全職員
【人 数】 23名

主な研修内容

 3月、8月、12月と全3回の研修でした。組織全員で受講されたこと、全3回で定期的に振り返りの機会を設けて頂いたため、研修後も研修内容が日常で話題にあがっていたというお声を頂き、講師からみても変化や成長がみてとれました。
 1回目のメインテーマは「場力」向上。3つのゲームを通して個人の思考・行動のクセの確認、自社の「場力」認識を行った上で組織のために何ができるか、「場力」を向上させるために何ができるかということを考える研修でした。
 2回目のメインテーマは役割認識。最高の組織にするために、自分達に求められる要素をカードを活用しながら全員で選びだし、その要素にそった行動の洗い出し、体系化、発表を行いました。その後は皆さんで洗い出したいい行動をチェックシートとして実践につなげました。
 3回目のメインテーマは組織規範の認識と改善。組織に存在すると思われる「暗黙の了解」「素朴な疑問」などを事前に弊社に頂き、それを全員がいる前でテーブルにあげ、全員でどう対応していくかを考えていきました。実際の具体的な事案に対する取り組みであったため、3回目が一番皆さんにとって印象深く意義あるものであったようです。
 3回目の研修は、互いに信頼関係がないと逆効果になる可能性があるのですが、1,2回目の研修状況、その後の取組みをふまえて実施していいと判断した上で行ったのですが、やはりいい結果につながりました。

受講者の声


  指導育成研修、メンター制度支援のきづくネットワーク研修実績を見る


社員研修のきづくネットワーク お問い合わせ